なのはなブログ

上尾園のとある一日part38

 梅雨が明けたと思ったら一気に真夏日になりましたね☀️連日の雨で日照不足から元気のなかったお野菜たちは喜んでいることと思います♫人間にとっては堪える暑さですが😫水分をしっかり摂ってエアコンを上手に使って熱中症にならないよう気をつけたいところですね。

上尾なのはな保育園では7月27日の土曜日に「夏まつり」を行いました。

今年のなつまつりは、ブルーの世界に囲まれお魚いっぱいのアクアな空間になりました🐠

手作りのお神輿🏮

上の段は2歳児さんが作ったお魚さん、下の段には0・1歳児さんが作ったお魚さんが泳いでいます。

0・1歳児さんのお魚はちょっと大きめ🐠おめめも体の模様も自分たちで描きました😊2歳児さんは小さいお魚さんとたこさんも泳いでいます🐙たこさんはおめめを2つ並べて描きますがお魚は片面に1つのおめめ。それが不思議でならず「おめめは2個だよ」と片面に2つ描くこどももいました。逆に片面にお口を描いた後反対側にもお口を描いてもらおうと声をかけたら「えっ?もう描いたよ。」ときょとんとする子も。確かにそうですよね。目は2つ。口は1つ。デフォルトされていないその素直な感性、認識しているその姿素晴らしい!

室内に入ると窓にもお魚が🐠にじいろのさかな。マーカーで色をつけた後キラキラのラメで模様付けをしてあります。光が当たるとキラッとひかる体が綺麗です✨

続いてくじびきコーナー。

ひもを選んでひっぱりあげていくと…

ぽんぽんぬいぐるみがついてきます♪どれも可愛くて歓声があがっていました🐰

 

こんな感じで「なにが出てくるかなぁ」と親子で楽しんでいただきました。

 

製作コーナーでは紙コップを使って「はねるおもちゃ」を作りました。

ビューンと飛んでいくロケット🚀 かくれんぼしている草むらの中からでてくるひよこさん🐤元気よくジャンプして飛び出すかえるさん🐸こどもの思う「かわいい」「恰好いい」「できた!」の感性と、大人の求める「かわいい」「恰好いい」と「完璧✨」の違い☆普段みられない我が子の隠れた才能も知ることが出来たりしてなかなか楽しいひとときを過ごせたことと思います♪

 

🐟今年は遊びのコーナーもおさかなたちがお出迎え🐡

餌に見立てたガムテープがついた釣り竿で魚釣りに挑戦!竿を持った瞬間、誰に聞くこともなく魚に餌を近づけるこどもたち。先に遊んでいるおともだちのを見たり、どこかで聞いたりして学んでいたのでしょうね。

そして余韻に浸る🐟

「さかなつり~♪」「ほらっ!つれたー!!」夏祭りが終わった後も遊びは続きます♪「楽しかったね」と後になってもその時のことを思い出しながら遊べるっていいですよね( *´艸`)

 

こちらは自動販売機🍹

「何味にしようかな♪」お金を入れて飲みたいジュースのボタンをポチ☆こういう遊びって一度やり始めるとエンドレスになるのがこどもたち。止まらない姿が目に浮かびますよね(≧▽≦)なので勿論ここの自動販売機も一人一本限りではく何本も購入していました。お家にお持ち帰りした後もおままごとで遊んでもらえるとジュースも私達も喜びます(*^_^*)

夏祭りが終わった後も大盛況♡

現実でこんなに買われていたらジュースも冷えている場合じゃないですね(≧▽≦)

 

今年度、初めて登場したのが「みてみて!できるよ!コーナー✨」

体操教室や普段の遊びの中で大人気の鉄棒✨

「お家の方にみせたい」と思っているこどもたちって実は沢山いると思うのです。だって取り組んでいる時の表情が自信に溢れた何とも嬉しそうなお顔なんですもの。「豚のまるやき」「ぶらぶら~」「ぶら下がりからのジャンプ」などなど。自分のできる姿、カッコイイところ、褒めてもらいたい気持ち、そんな思いを出せる機会になっていたら嬉しいです。

🍴お給食の紹介🍴

当日はお給食の調理員も参加。「家では食べない」「苦手なものでも食べられるようにするには?」「味付けはどのくらい?」「いつもどのくらい食べているの?」普段聞きたくてもなかなか聞く機会のない食事の話。

これからも、こういった行事を使って発信していけるようにしていきたいと思っています。

 

保護者の方が園の中に入っていただける唯一の行事、「夏祭り」

2時間という限られた時間の中ですが、こどもたちの日頃の様子を知り、成長していく喜びを感じていただき、忘れられない楽しいひとときとして思い出に残っていっていただけますよう願いを込めて☆

来年度の夏祭りはどんなお祭になるのでしょうか。お楽しみに♪

参加していただいたご家族の皆様、お忙しい中ご協力ありがとうございました。

 

※夏祭り当日の遊んでいる様子は不特定多数の方が参加していらっしゃいましたのでプライバシー保護の為掲載を控えさせていただきました。ご了承ください。

 

最後までご覧いただきありがとうございます!

もしよろしければ、最後にこの記事をソーシャルメディアで共有してください。

前後の記事



このページの先頭へ