なのはなブログ

上尾園のとある一日♪part29~避難訓練🚒~

11月はうどん作りの他にももう一つ大切な行いがありました✨

 11月9日 ※防災の日※ 避難訓練に加えて通報訓練と消火訓練を行いました。

園に消防車が来ると、こどもたちは大興奮!嬉しすぎてひたすらジャンプする子、目を大きく見開いてじーっと見つめている子、初めて会う人に怖気ずく子、「消防車きた!!」「ウー!かんかん!」「おっきい!」と声をあげる子、感じたことを率直に表現しているこどもたちに思わずほっこり( *´艸`)

消防士さんの指示に従い、火事が発生したことを想定し保育士が119番しました。それと同時にこどもたちは外へ避難。0歳児や月齢の低い1歳児は保育士がすぐさま抱っこ、月齢の高い1歳児や2歳児は口に手を当て歩いて行ける子は玄関まで歩いて避難。そのまま外にあるお散歩バギー(本来は避難車なのです)に保育士が抱えて乗せます。電気機器類を消して開いている窓は閉めて…etcこどもの避難と同時に大人のやることは沢山。

この日の参加はこども18人、保育士7人。「スムーズに避難できましたね」と消防士さんから言葉をいただきました。

この月齢の19人のこどもたちであれば国の規定では保育士の人数は最低4人いればいいのですが、実際こういった災害にあった時、保育士4人ではこどもを安全に避難させられるかどうか、考えさせられるひとときでもありました。

保育士の消火訓練風景。こどもたちに見守られながら行いました。大人の真剣な様子にこどもたちの表情も真剣。

その後、消防車の前で記念写真を撮らせていただき「また3月にやりましょう」と約束して終了となりました。

3月は震災のこともあり、「地震が起きた後に火災が発生する」ことを想定して行います。

今回の様子を踏まえて3月では更に安全でスムーズに行えるようにしていきたいと思っています。

最後までご覧いただきありがとうございます!

もしよろしければ、最後にこの記事をソーシャルメディアで共有してください。

前後の記事



このページの先頭へ