なのはなブログ

上尾園のとある一日♪part30~クリスマス会🎄~

12月に入って街のイルミネーションがキラキラし始めた頃、

なのはな保育園でも5日の日に一足早くクリスマス会を行いました♪♪♪

クリスマス会前々日の午後、「もうすぐクリスマス会だね!サンタさん来るかなぁ」とお話しながらサンタ帽をみていると「かぶる!」「ほら、みて!サンタさんみたい!」と自分たちもサンタになりきって遊ぶこどもたちの姿が。

ということで、クリスマス会前日のお散歩は皆でサンタ帽子を被ってお散歩に行きました🎅

街ゆく人に「あら~もうすぐクリスマスね」と言われたり可愛いと手を振ってもらったり♬

それだけで気分もウキウキになってきすまね(#^^#)

そしてクリスマス会当日✨

ねこのビートのクリスマスバージョンのお話をみたり、カードシアターで「いないいないばぁ」をして遊んでいると…あら不思議!カードのお化けがどこかに消えてしまいました👻

あれ!?どこ行った!?何が出てくるのかとワクワクしながら待つこどもたちの前に現れたのは。。。

 なんと!サンタさんではなくマジック仮面✨

おまじないをかけながら何も書いていない本の表紙を撫でると。。。

中の絵に色がついた!!「うわぁ!!すごい!!」ぼやかしてあるのでわかりにくいかと思いますが

この瞬間の皆の大きく開いた口と歓声がとても素晴らしくて( *´艸`)まっすぐな反応、気持ちが嬉しいですね♡

「私も僕も なでなでするー!」みんな真剣になって撫でています。どうなるかな!?(≧▽≦)

本を開くときのこのドキドキ感!本にくぎづけ。そして開いた瞬間の「おぉおおお!!」

一生懸命なでなでした甲斐がありました♪願っていたことが叶う✨こんな些細な事からでも嬉しさは得られるもの♬こういう経験を何度も繰り返していくことって実は信頼や安心感を育てていく要素にも繋がっているのです☺

 そしてその満足感に浸っているとどこからか鈴の音が🔔ついに!サンタさん登場✨

びっくりして退く子、喜びにあふれてジャンプする子、思いっきり泣く子、サンタさんが気になって周りをうろうろする子、この瞬間、沢山の心が動いたことでしょう(#^^#)

絵本のプレゼントをもらって記念写真も撮って大満足のこどもたち。「じゃあサンタさんは次のお友達の所に行くね」「またねー!」と最後は皆笑顔でお見送りして終了しました🎅

 

ここだけの話( *´艸`)

サンタさんは園の保育士が変装して行っています♪でも昨年同様ぜーんぜん気が付かれません(≧▽≦)

その保育士の演技力とこどもたちの純な心の賜物です✨

 

 クリスマスは本来、町はずれのちいさな馬小屋で生まれた「イエス・キリストの誕生をお祝いする日」👶

この絵本にはそのことがとてもシンプルに優しくかかれています。まだこどもたちに読むのは早いかもしれないですが大人の方も知っておきたいお話です。

「新しい命の誕生」こんな嬉しい日を「いい子にしていないとサンタさん来ないよ」という悲しい日にしてしまわないように☆ 本来、人は無条件で愛し愛されていい生きものなのですから(#^^#)

もう一冊 おまけの絵本紹介  「あのね、サンタの国ではね」偕成社

クリスマスの準備に忙しいサンタさん。でもこの表情と雰囲気、お話の内容がなんだかほっこりできる優しい絵本です。

クリスマスや幸せは人をはじめ、命あるもの、命がやとったもの、どの動物にも平等にきます。

皆様にもその喜びがありますように☆

 

最後までご覧いただきありがとうございます!

もしよろしければ、最後にこの記事をソーシャルメディアで共有してください。

前後の記事



このページの先頭へ